So-net無料ブログ作成

頬の赤みは何回レーザーを照射すれば治る? [レーザー]




頬の赤みをレーザーで治療する場合、気になるのが何回照射する必要があるのかということ。
一回の照射に必要な費用も高額なだけに合計で何回必要なのかは事前に知りたいところです。


そこで今回は頬の赤みをレーザーで治療する場合、何回必要になるのか調べてみました。
もちろん症状の個人差によって何回必要になるかは変わってきますが参考にはなりますのでレーザーを検討している人は絶対に読んでおいて下さい。



1回じゃ治らない




どんなに小さな範囲であっても1回のレーザー照射で治ることはまずありません。
絶対に数回照射が必要になります。
そこは覚悟しておきましょう。



最低でも3回、広い範囲を治したいならそれ以上は必要




色々な方のレーザー治療体験談を読み漁ってみましたが小指の先くらいの小さな頬の赤みを治すのにもインターバルを空けながら3回レーザーを照射していました。
しかし小指の先ほどの範囲で治まっている状態の人なんてあまりいないでしょう。。
頬全体で症状が出ている方の方が多いはず。
そうなると当然3回程度では全然足りません。


「範囲が広くなっても回数は一緒なんじゃ・・」と思うかもしれませんが。。
実際には範囲が広いほど治るまでに必要な回数は多くなってきます。
範囲が広いってことはそれだけ症状が酷いってことですからその分治りづらいからです。


どの程度の症状なのかにもよりますが4,5回か、それ以上の回数が必要になると思っていた方がいいでしょう。



1回ごとにインターバルが必要、だから結局は長期治療に。。




レーザーなら早く治せるってイメージがありますがレーザーは次に照射するまでに必ずインターバルが必要になります。
レーザーの強さによって多少差はありますがだいたい2,3か月くらいは空ける病院がほとんど。
となると、結局はレーザー治療が完全に終わるまでには半年~1年以上はかかることになります。
イメージとは大きく違い、相当長い治療期間が必要なんです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。